閲覧者に地図を示せるGoogleMapsAPIs

  • お得で嬉しいサービスGoogle Maps APIs

    • グーグルが提供する地図検索サービス、グーグルマップは、初めて行く場所の行き方や周囲の施設の情報検索でお世話になることが多い便利なアプリ、地図情報に留まらない多彩で豊富な機能が魅力です。
      GoogleMapsAPIsは、高機能なグーグルマップをサイトに無料で埋め込むことができるサービスです。

      グルメサイトや旅行ブログにグーグルマップがあるとサイトの訪問者も非常に便利。


      サイトに高機能の地図を組み込む有料サービスはありますが、利用料が高額で個人が趣味で楽しむサイトでは気軽に使うことができません。

      Google Maps APIsについての情報はこちらです。

      GoogleMapsAPIsなら無料なので誰でも気軽に利用できるのです。



      GoogleMapsAPIはJavaScriptとホームページを作成する程度の知識があれば、自由にカスタマイズすることができます。


      目的地を分かりやすくするため地図上にマーカーを立てたり、さらに詳しい情報ウィンドウを表示させることもできるのです。GoogleMapsAPIsを使うためには、公式サイトでAPIキー〔認証情報〕を取得する必要があります。

      また利用条件として1日あたりのページビューが5万以上のサイトは、グーグルの承認を得なければなりません。



      また文字コードがUTF-8でなければならないという制限があり、JavaScriptやCSS、CGIなどが利用できなくなるケースがあるので注意が必要です。

      またグーグルのロゴと広告が表記されるなどの制約があります。


      制限とデメリットもありますが、GoogleMapsAPIsはそれを上回る魅力がある便利でお得な嬉しいサービスです。