閲覧者に地図を示せるGoogleMapsAPIs

  • Google Maps APIsで所在地紹介

    • web上のマップと言えばGoogleMapsが有名です。
      見たいところの住所を入力すれば瞬時に移動して表示してくれます。

      縮尺もボタン一つで簡単に変えることができます。
      そんな便利な表示が会社の案内図に使えると便利です。マップ情報の更新の必要もないし、経路も任意で表示することができます。

      閲覧者が勝手に操作できるのでわかりづらいなどの苦情も少なくなりそうです。
      それを実現するのがGoogleMapsAPIsです。
      GoogleMapsのリンクを貼っておいただけでは会社の所在地はわかりません。

      マップ上にマークを表示して自社であることを明確にしなければなりません。

      そのためにはAPIsキーを取得する必要があります。

      Google Maps APIsの情報検索ができます。

      このキーが申請した人専用のマップを利用できる権利になります。他の人に知られると勝手に情報を変えられてしまう恐れがあるので大切に管理します。



      APIsキーを使ってドメインの登録やどのような表示にするのかを設定して制限することができます。



      設定が終わったら表示するタグを埋め込みます。サイズやマーカーなどの設定を行なっていきます。マップの中心となる座標を入力すれば完成です。

      埋め込んだwebページをひらけば所在地を示した状態で表示されるはずです。あとは通常の操作と同じなので誰でも見ることができるはずです。
      一度作り込んでしまえば情報は常にアップデートされるので周辺の建物が変わってもメンテナンスの必要はありません。